2019年度第二種奨学金(海外)在学採用 申込書類請求フォーム

この申込書類請求フォームは、「第二種奨学金(海外)在学採用」専用です。
他の書類の請求は一切受け付けられませんので、ご注意ください。

貸与奨学金について 本奨学金は「貸与奨学金」であり、奨学金を申し込み、貸与を受けた本人に返還義務があることをあなたは理解していますか?
 【※注意】本奨学金は「もらう」ものではなく、あなた自身が「借りる」ものです。
第二種奨学金(海外)の保証制度について 本奨学金の貸与を受けるには、機関保証制度への加入に加えて、人的保証(連帯保証人及び保証人の選任)が必要であることをあなたは理解していますか?
 【※注意】連帯保証人(原則として父又は母)及び保証人(父母以外の4親等内の親族)を選任できない場合は、申し込めません。
第二種奨学金(海外)の保証料について 本奨学金の貸与を受けるには、機関保証制度への加入が必須であり、貸与月額から保証料を差し引いた金額が毎月の振込額になることをあなたは理解していますか?
 【※注意】毎月の保証料を含む貸与総額を返還する必要があります。
申込時期についての確認 「在学採用」は、すでに海外の大学に通っている人が対象です。申込書類の請求は入学前にも行うことができますが、実際に申込みができるのは、入学後であることを理解していますか?
 【※注意】海外大学入学前の方は申し込めません。
申込書類の提出期限についての確認 在学採用の申込みは、5月〜12月まで(全8回)毎月10日締切で受け付けています。今年度の最終締切は12月10日(第8回)であることを理解していますか?
 【※注意】最終締切日(2019年12月10日)を過ぎた場合、2019年度の申込みは受け付けられません。
申込方法の確認 申込書類は原本の提出が必要です。機構への提出方法は郵送のみであることをあなたは理解していますか?
 【※注意】機構への申込書類の提出は、インターネットでは受け付けられません。
申込者氏名

例)機構 太郎
申込者カナ氏名 全角カナで、姓と名の間は全角1字分のスペースを空けて入力してください。

例)キコウ タロウ
申込者メールアドレス

(確認用)

例)kikou@jasso.go.jp
申込者の国籍・在留資格についての確認 申込者が外国籍の場合は、申込資格(在留資格)に制限があります。詳しくは、機構ホームページに掲載している「貸与奨学金案内」で確認してください。
 【※注意】上記のいずれかに該当しない方は申し込めません。
国内連絡者氏名

例)機構 父一郎
国内連絡者の続柄 奨学金の手続きはすべて国内連絡者を通じて行います。国内連絡者には、原則として父または母を選任してください。
 【※注意】奨学金を申し込むには、必ず国内連絡者(原則として父または母)が必要です。
【該当者のみ】国内連絡者「その他」の具体的な続柄とその理由 国内連絡者の続柄に「その他(父母以外)」を選択した場合は、その人物の続柄と、父母を選任できない理由を入力してください。

例)父母ともに現在は海外在住のため、おじ(父の兄)を選任します。おじにも了承を得ています。
国内連絡先の郵便番号 機構に届け出る国内連絡者の住所を郵便番号から入力してください。
  • -
国内連絡先の住所1(都道府県)

国内連絡先の住所2 アルファベット・数字は半角で入力してください。

例)新宿区市谷本村町10-7
国内連絡先の電話番号 国内連絡者の自宅電話番号または携帯電話番号を半角数字で入力してください。
  • -
  • -
例)03-6743-6040
留学先国・地域名 海外の大学に入学する前に申込書類を請求する場合は、留学予定の国・地域名を入力してください。

例)イギリス
在籍中の海外大学名 海外の大学に入学する前に申込書類を請求する場合は、入学予定の学校名を入力してください。表記はアルファベットでもカナ・漢字でも構いません。

例)Jasso International University(ジャッソ国際大学)
在籍中の課程 海外の大学に入学する前に申込書類を請求する場合は、入学予定の課程を選択してください。
 【※注意】語学学校、大学の語学コースに在籍している場合は、申し込めません。
取得予定の学位 本奨学金の対象は、学位取得を目的とした留学のみです。語学留学の場合や語学(ESL)コースに在籍している期間は、申し込めません。
 【※注意】学位取得を目的としていない場合は、申し込めません。
正規課程(学位取得可能な課程)への入学年月 海外の大学に入学する前に申込書類を請求する場合は、正規課程への入学予定年月を入力してください。
卒業予定年月 卒業予定年月(学位取得までの最短の修業年限)を入力してください。
 【※注意】申込月時点で残りの在籍期間が3か月未満の場合は、申し込めません。短期大学在籍中の方は、短期大学卒業(修了)予定年月を入力してください。
奨学生番号 過去に日本学生支援機構の奨学金の貸与・給付を受けたことがある場合は、奨学生番号(5、6または8から始まる11桁の番号)を入力してください。複数ある場合は、直近の奨学生番号を入力してください。

例)81604XXXXXX
申込書類の郵送希望についての確認 申込書類は、この後機構から自動送信される「受付完了メール」上のURLからダウンロードできますが、特に希望する場合は、国内連絡先に紙媒体の申込書類を別途郵送することもできます。あなたは国内連絡先への申込書類の郵送を希望しますか?
 【※注意】申込書類は、この後機構から自動送信される「受付完了メール」上のURLからダウンロードできますので、紙媒体での郵送を必要としない場合は、「希望しない」を選択してください。
特記事項(第二種奨学金(海外)の在学採用に関するご質問、ご意見等) 記入された内容に応じて、国内連絡者へ電話等にて回答いたします。メールによる返信および海外の申込者本人への電話連絡は行っておりませんので、ご了承ください。

例)国内連絡先の自宅電話番号が留守電になっているときは、次の携帯電話にお電話ください。国内連絡者(父)の携帯番号:090-XXXX-XXXX
ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、 プライバシーマークやISO27001/JIS Q 27001, ISO20000-1, ISO9001の認証を取得している 株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。