TAインスツルメント オンデマンドセミナー

TAでは、下記の過去開催のオンラインセミナー、YouTube講座等の動画をご提供しております。()内は動画の長さ

◆100〜 熱分析,マイクロ 基礎的なセミナー
101. 熱分析セミナー1 「熱分析で分かる!ポリマー材料のプロセスとプロダクト」(1:08:46)
102. 熱分析セミナー2 「さまざまな熱の測定に マイクロカロリメータTAM」(37:37)
103.DSC 基礎編 No.1〜4(total 41:59)
104.DSCのセルのクリーニング - Cleaning DSC cell(4:31)
105.DSC(示差走査熱量計) サンプルパンの選択と試料調製 (6:41)
106. X3DSCの装置と測定事例(37:59)

◆200〜 レオロジー 基礎的なセミナー
201.レオロジーセミナー「粘弾性測定の多種多様なアクセサリ」(1:08:09)
202.レオロジー基礎編 No.1〜4 (total 52:58)
203.バッテリーセミナーNo.1「 スラリーのレオロジー測定技術」(37:46)
204.トライボレオメトリー前編:回転式レオメータを使用した表面間摩擦の定量化 トライボロジーの理論(26:34)
205.トライボレオメトリー後編:トライボレオメトリーアクセサリ&アプリケーション事例のご紹介(23:49)
206. 構造粘性体をローディングする際のポイント(5:36)
207. サンプルの揮発や乾燥を防ぐソルベントトラップカバー(4:54)
208. DHRでのステップフロー測定 (5:05)

◆300〜 熱物性 疲労 基礎的な内容、装置に関するセミナー
301.超高温分析セミナー「超高温分析装置を用いた金属材料・セラミックスの評価」(41:30)
302.高圧熱重量測定セミナー(40:15)
303.メディカルデバイス評価分析セミナー(35:46)

◆400〜 ポリマー,電子材料,バッテリーなど化学工業関連セミナー
401.ゴム物性評価セミナー「大振幅振動せん断(LAOS)測定に適した回転型レオメータの特徴とその事例」(12:29)
402.ゴム物性評価セミナー「高荷重DMAと疲労試験機の融合装置ElectroForce DMAの特徴とアプリケーション」(14:27)
403.At what temperature does shape memory polymer change?形状記憶ポリマーの変化(3:22)
404.バッテリーセミナーNo.1「電極スラリーの仕上がりを観測する〜レオロジーデータと改良のポイント〜」(23:23)
405.バッテリーセミナーNo.2「より熱に安定な材料を選ぶために〜熱分析を用いた電池材料評価〜」(24:26)
406.バッテリーセミナーNo.2「 電池に関わる熱の測定技術〜等温熱量測定による微小熱モニタリング〜」(27:22)
407. バッテリーセミナーNo.3「粘弾性測定装置の拡張アクセサリを用いた電池材料の機械的・電気的特性の評価」(26:13)
408.2021バッテリーセミナー「電池材料それぞれに適した熱分析・粘弾性の測定手法」(25:17)
409. 回転型レオメータを用いた接着剤の多様な評価手法 (44:03)
410. 電子材料レオロジーセミナー「ペーストのレオロジー」(35:08)
411. 電子材料レオロジーセミナー「熱分析および粘弾性測定装置を用いた熱硬化・光硬化の測定」(23:41)

◆500〜医薬,医用材料,化粧品,食品関連セミナー
501.タンパク質分析セミナー等温滴定熱量計(ITC),生体高分子用示差走査熱量計(DSC)のご紹介(29:18)
502. 医薬品セミナー「医薬品分析に役立つ熱分析のアドバンスト測定モード」(22:00)
503. 医薬品セミナー「マイクロカロリメトリーを用いたバイオ医薬品の評価」(29:43)

☆TAインスツルメント ホームページ製品紹介についてはこちらをご覧ください。
TAホームページ製品紹介ページ
☆TAイプロスサイト 製品カタログ・技術資料についてはこちらをご覧ください。
カタログ・技術資料ダウンロードページ

メールアドレス

(確認用)

会社名

社名カナ

部署名

お名前

お名前カナ(姓と名の間に空白を入れてください)

郵便番号
  • -
都道府県

都道府県以下住所

電話番号
  • -
  • -
ご希望の動画を選択ください。リンクをお送りします。
ご興味のある分析機器にチェックを入れてください。
上記製品についてご希望されるものにチェックを入れてください
その他希望される対応 

本セミナーあるいはオンデマンドセミナーは何でお知りになりましたか?
ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、プライバシーマークやISO27001/JIS Q 27001, ISO27017, ISO20000-1, ISO9001などの認証を取得している株式会社パイプドビッツによる情報管理システム「スパイラル」で安全に管理されます。