必要事項をご入力の上、確認ボタンを押してください。

お名前
姓:
名:
ふりがな
せい:
めい:
生年月日
E-mail クーポンをメールでお送りいたします。

(確認用)

電話番号

郵便番号

住所(都道府県)

住所(都道府県以下)

購入希望車種
興味のある購入プラン

ご利用予定のディーラー

連絡方法

今お乗りの車両(自由記載欄)

個人情報取得に関する同意
「Dream Campaignクーポン申し込み」の利用には、次の利用規約をご熟読の上、 同意していただくことが必要です。

■ 個人情報保護について (プライバシー・ポリシー)

お客様の個人情報の取得や取り扱い方法および保護においては、当社のみならず正規ネットワークを含むグループ全体で真摯に取り組んで参ります。

当社は、ここに当社としてのプライバシー・ポリシーを公表し、お客様の信頼とご理解をいただくため、以下の原則に基づき、個人情報の適正な取り扱いに努めます。




1. 法令遵守

当社は、法令およびその他の規範を遵守のうえ個人情報を取り扱います。




2. 個人情報の利用目的および提供について

当社では、お預かりしたお客様の個人情報または保有しているお客様個人データを以下の目的以外には利用いたしません。お客様から直接書面等でお客様情報をご記入いただく場合は、書面でそれぞれの利用目的をお伝えします。




(1)当社において取り扱う商品、サービスなどあるいは各種イベント、キャンペーンなどの開催についての、郵便、電話、電子メール、面談などの方法によるご案内

(2)商品開発あるいは顧客満足度向上策検討のための、郵便、電話、電子メールなどの方法によるアンケート調査の実施

(3)定期点検および保険満期のご案内などを提供するための、郵便、電話、電子メール、面談などの方法によるお知らせ

(4)サービス情報の共同利用によるお客様車両に対する的確なサービスの提供、査定・代替等時の的確なアドバイス

(5)資料請求、試乗申し込み、懸賞応募などお寄せいただいたご要望、ご応募に対応したサービスの提供

(6)以下の個人情報を書面または電子媒体により「3. 個人情報の第三者提供について」に掲げる第三者に提供すること。提供する項目:住所・氏名・生年月日・電話番号・メールアドレス・職業・お客様とのお取引に関する情報およびアンケートや当社ウェブサイトでお預かりした情報




3. 個人情報の第三者提供について

当社は、お客様の個人情報を、以下の例外を除き、お客様の同意なく、他社・第三者に提供いたしません。また、当社がお客様情報の取り扱いを含む業務を委託する場合、その業務委託の目的の範囲内でお客様情報を当該委託先に預託いたします。




(1)当社のグループ会社、担当の正規ネットワーク、契約保険会社等の提携会社など、書面等であらかじめ明示、同意をいただいた場合

(2)法令に基づく場合、その他適用ある法令により第三者への提供が許される場合

(3)「4. お客様車両サービス情報の共同利用について」で掲げるサービス情報を共同して利用する場合




4. お客様車両サービス情報の共同利用について

お客様保有の車両に対し、担当の当社正規ネットワークが実施したサービス内容を以下のとおり共同利用いたします。




(1)共同して利用する個人データの項目

当該車両の車台番号および車台番号に基づく修理およびメンテナンスに要した作業コード、部品番号、作業内容、作業日、距離計表示の走行距離

(2)共同利用者の範囲

ドゥカティ ジャパン株式会社、ドゥカティ ジャパン株式会社と販売店契約を締結した正規ネットワーク

(3)利用する者の利用目的

当該車両の入庫時における的確なサービス提供、当該車両査定・代替等に関する的確なアドバイス

(4)共同して利用する当社個人データの管理について責任を有する者の名称は当社

(お問い合わせ等につきましては「7. 個人情報の取り扱いに関する問い合わせ窓口、保有個人データ開示請求書などの送付先」のドゥカティ ジャパン株式会社にて承ります。)




5.個人情報の適正な管理

当社は、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏えいを防止するための組織体制を整備し、システム面等の安全管理措置を実行します。

業務委託先についても、同様の指針で個人情報を厳正に管理することを指導して参ります。




6. お預かりしているお客様の個人情報の取り扱いに関して

当社は、当社が管理、保有しているお客様の個人情報に関しては、お客様の事前の同意がない限り、2に記載した目的以外には利用しません。なお、お客様がご本人様の個人情報の開示、訂正などを希望される場合は、別途定める手続きにてご請求いただき、当社は合理的な範囲で速やかに応じます。

個人情報の開示・消去、また訂正・変更・利用停止は、下記ドゥカティ ジャパン株式会社に電話でご請求いただき、お客様ご本人である確認をとらせていただいた上で、万が一不正確または誤りであることが明らかになった場合は、速やかに消去・訂正・変更等に応じます。




7. 個人情報の取り扱いに関する問い合わせ窓口、保有個人データ開示請求書などの送付先




〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-26-9 中目黒オークラビル 

ドゥカティ ジャパン株式会社 ドゥカティジャパンお客様窓口

フリーダイヤル: 0120-030-292
受付時間: 9:00〜18:00(土日・祝祭日を除く)



8. 教育

個人情報の保護に関する教育を全役職員に対して継続的に行います。




9. コンプライアンス・プログラムの改善

当社は保有する個人情報を保護するための方針、組織、計画、実施、監査および見直しを含むマネジメント・システム(コンプライアンス・プログラム)を継続的に見直し、改善を図ります。







◆プライバシー・ポリシーの変更

当社は法令の変更ないしお客様のご要望等に対応するために、このプライバシー・ポリシーを変更することがあります。変更のご案内については、当社ウェブサイト等によって公表しますので、定期的にご確認いただきますようお願いいたします。




◆お客様のご質問

当社におけるプライバシーの保護に関するご質問がありましたら、「7. 個人情報の取り扱いに関する問い合わせ窓口、保有個人データ開示請求書などの送付先」に明記いたしました連絡先までお問い合わせください。




2010年7月1日

ドゥカティ ジャパン株式会社




グラフォメトリック (筆跡測定) 署名に関する情報
最新式電子署名に関する 2013 年 2 月 22 日大統領閣議令第 57 条第 1 項および第 3 項に基づく、Ducati モーターホールディング社による文書。
1. 概説

Ducati モーターホールディング社 (以下「ドゥカティ」) は 2015 年、お客様および Ducatiユーザー (以下「クライアント」) が契約書類に電子署名を行うことができるよう、 最新式のソリューションを導入しました。このソリューションの名称は「グラフォメトリック署名」で、 経営・運営上の処理のペーパーレス化の幅広いプロジェクトに適合し、紙媒体による文書を漸次デジタル化した文書に置き換えていくものです。 グラフォメトリック署名は、タブレットを介して特殊な電子署名により直接書類に署名することを可能にした技術に基づいており、書類の保管やクライアントへの配布の目的での紙媒体の印刷の必要性を削減、または廃止を可能にします。 本書には最新式電子署名の特性およびその技術的な観点に関する情報が記載されており、Ducati モーターホールディング社のインターネットホームページに公開されています。規定の定めるところにより、クライアントおよび一般の消費者がいつでも自由に閲覧することができます。

2.グラフォメトリック (筆跡測定) 署名とは

クライアントが電子ペンおよび署名タブレットを使用して自筆で署名をしたときの動態特性 (リズム、圧力、配列具合など) の記録から得られるものです。Ducati モーターホールディング社が採用したグラフォメトリック署名のソリューションは、情報的にも法律的にも必要な条件を兼ね備えており、2013 年 5 月 21 日付けの官報第 117 号に発行された、2013 年 2 月 22 日付け大統領閣議令にあるように最新式電子署名の分類に帰するもので (「最新式電子署名の生成、署名、および検証に関する技術基準」)、従って次のことを保証しています (2013 年 2 月 22 日付け大統領閣議令 第 56 条第 1 項を参照)。 a) 書類署名者の本人確認 b) 署名と署名者とを一義的な関連付け c) 署名生成システムの署名者排他制御、そこには署名生成に使用された可能性のある生体認証情報を含む d) 署名された電子文書が、署名の後に改ざんされていないことを検証することが可能 e) 署名者は署名した関係書類を入手することが可能 f) 技術基準の第 55 条第 2 項 a) 節の主体の個体化 g) 記録、事実、またはデータを変更されるいかなる要素も署名対象物内に存在しないこと h) 署名と署名済みの書類との一義的な関連付け

3. グラフォメトリック (筆跡測定) 署名が可能な書類の種類

クライアントがグラフォメトリック署名により署名する書類は、以下のような文書です。 - 技術面においては、現行の法律により定められた安全性の要件を満たす文書 - 法律面では、自筆の署名による紙媒体の書類と同等の価値を有する文書 グラフォメトリック署名は、契約書の署名のみ、ドゥカティのモーターサイクルの全ての使用に付随する補償、およびそれらに関連する書類の文書化の目的で使用することも可能です。

4.グラフォメトリック (筆跡測定) 署名サービスの機能方法

Ducati モーターホールディング社が採用したグラフォメトリック署名サービスにより、クライント (オペレーターのサポートあり) は次のことを行うことができます: 署名する書類を専用の画面に表示する 署名する電子書類を読み、確認する タブレットに設定されている「署名」のフィールド内に、専用のペンで署名する。タブレット上のグラフォメトリック署名の書体は、紙の上に署名した従来の署名と完全に類似しています 署名後: 電子ペンでタブレットの確認キーを押して、署名を承認します 電子ペンでタブレットの消去キーを押して、再び署名をやり直します 署名の作業をキャンセルします 署名が終了すると、書類には技術および電子特性が付与され、書類の保全性が保証されて変更不可能になります。 クライアントはグラフォメトリック署名を行った書類のコピーを所有する権利があります。クライアントは署名時に紙媒体による電子書類のコピーを請求し受け取ることができます。あるいは、電子媒体での書類を受け取ることも可能です。電子メールで contact_us@ducati.com のアドレスまでご請求ください。

5. Ducati モーターホールディング社のグラフォメトリック署名サービス使用への同意、あるいはその撤回方法

グラフォメトリック署名サービスを使用するには、クライアントは専用の申告書をにより、Ducati モーターホールディング社がグラフォメトリック署名方式により署名をすることを可能にした全ての書類に署名をする目的で、グラフォメトリック署名を使用することを受諾する必要があります (2013 年 2 月 22 日付け大統領閣議令第 57 条第 1 項 a 節を参照)。グラフォメトリック署名サービスを受諾したクライアントは、認可の契約書のコピーをいつでも無料で請求することができます。電子メールで contact_us@ducati.com のアドレスまでご請求ください (2013 年 2 月 22 日付け大統領閣議令第 57 条第 1 項 c 節を参照)。同様の方法で、いつでもご希望の時に、グラフォメトリック署名の使用に対する同意を撤回することができ、従来の紙媒体への自筆の署名の手続きに戻ることが可能です。

6. Ducati モーターホールディング社が採用したグラフォメトリック署名システムの特徴と、システムに採用されている技術 (2013 年 2 月 22 日付け大統領閣議令第 57 条第 1 項 e 節および f 節を参照)


署名用タブレット Ducati モーターホールディング社は、ハードウェア構成として、電磁共鳴による読み取り方式を採用した署名専用のタブレットを使用し、そのタブレットにより、署名を行ったクライアントの生体認証測定値を正確に検知することができます。タブレットは TFT 液晶カラーディスプレイと専用のペンを備えており、クライアントはこのペンで、ディスプレイに表示されている電子文書に署名をします。タブレットにはクライアントが署名するのと同時に、その署名がディスプレイに表示され、従来の紙の上に署名をしているのと全く同じ状況を作り出します。 タブレットでは次のことができます。 必要な場合、タブレットをスクロールさせて、書類を表示させる 書類に署名をし、記した署名を承認する 一度記した署名を消去し、署名をやり直す 署名の作業をキャンセルする これらの操作は、専用の電子ペンとタブレットのディスプレイ上にある機能ボタンとを使用して実行することができ、署名者は署名生成システムをいつでも確認することができます。 署名の情報システム グラフォメトリック署名システムは、タブレット上で記された書名と、署名を行ったクライアントとを一義的な方法で関係付けることができる生体認証データの保護を保証します。署名用タブレットとオペレーターの作業設備との接続は、最新のディフィー・ヘルマンアルゴリズムを介した二重対称鍵共有の AES アルゴリズムで保護された手法で行われます。 生体認証データの暗号化は、対称鍵 RSA 2048 ビットおよび暗号 SHA256 アルゴリズムの公的証明書により実行されます。 続いてデータは、プライベートキーおよび SHA256 アルゴリズムの最新証明書に基づいたデジタル技術署名を適用して、PDF 内に PadES 署名の生成と共に組み込まれます。 生体認証データは、タブレットや署名アプリケーションなど、いかなる方法によっても明確に記録されることはありません。さらに生体認証値全体は、そのグラフォメトリック署名が他の文書には関連付けられないように、一義的で解消不能な方法によりクライアントが閲覧し署名した電子文書に接続されます。 クライアントが署名したデジタル文書は、自己整合性に関する規定の要件を満たし、変更不可能で、また判読可能であるように、PDFa1-a および PadES モードのデジタル形式で記録されます。署名処理が終了すると、法の規定に準じた保管を行うため、最後にデジタルデータ登記システムの処理が行われます。 生体認証データの管理 Dudati モーターホールディング社は、署名をした人の生体認証データにはいずれの方法においても自主的にアクセスすることはできず、従って、予め法により指定された場合、生体認証データの解読は、特に Ducati モーターホールディング社により依頼された第三者が関与する場合にのみ実施されるものとし、いずれの場合も、厳密で細部にわたる企業の運用プロセスとして実施されなければなりません。従って生体認証情報使用のそれ以外の目的、例えば情報処理においてのクライアントの識別や認証などは、除外されています。 法に準じたデジタル登記所 クライアントが署名した電子文書が完全な状態で、かつ変更不可能であり、時間が経過しても読み取り可能であるようにするために、署名済みの電子文書を安全な方法で保管することができる方法は、法に準じた保管管理です。このため Ducati モーターホールディング社では、政令第 82/2005 号 (デジタル管理法) により規定された方法による電子文書の保管サービスを利用しています。 クライアントが署名した電子文書は、署名手続きが完了すると保管システムに送られます。このようにして、署名が完全な状態であり、変更不可能、かつ長期間の有効性が保証されます。全ての文書は保管システムにおいて使用可能な状態に保たれ、そのシステムは人事部に属している、権限の付与された数人の特別なオペレーターのみ使用することができます。


7. 保険保障に関する情報

Ducati モーターホールディング社は、2013 年 2 月 22 日付け大統領閣議令第 57 条第 2 項に記載されている法的予見性に従い、グラフォメトリック署名を以って署名したユーザー/クライアントの保護のため、2015 年 6 月 25 日付けで保険会社 AIG Europe Limited - Via della Chiusa, 2 - Milano と保険契約を締結しています。

迷惑メール防止のためのドメイン指定受信をしている場合は、あらかじめドメイン
指定受信を解除、あるいはvwfs.comを指定する設定を行ってからご利用下さい。